製造工程

製造工程

きガラス

吹きガラスは大きく分けると、宙吹きと型吹きがあります。
成形するときに型を使うのが型吹きで、型はあらかじめ金属、石膏木などで作ったものを使います。
宙吹きは、空中でガラスに息を吹きこんで自由な形に成形できますが息の吹き込み加減や棹のまわし方に熟練の技術が必要です。
一方、型吹きはガラスを型の中に吹き込んで成形するので、同じ形のものをいくつも作ることができ、角ばった型のものや、表面にでこぼこのある模様の作品も作ることができます。

ガラスの原料

ガラスの原料

ガラスの原料は主に珪砂でそれを溶かす役割をする炭酸ソーダ、溶けたものを固める性質を持つ石灰、主にこの三つを加えて調合したのが、ガラスの原料です。 このガラスの原料を熔解炉の中にある坩堝(るつぼ)に入れ、炉の中が温度が1400度に達すると原料は完全に溶解します。 その後ガラスを巻き取りやすい1200度ぐらいまで冷し 吹き竿に巻き取り、空気を入れながら成形していきます。


吹きガラスの基本となるタル型グラスの製造工程 ・琉球ガラスは主に宙吹き技法で製作します。

吹き竿の先端にどろどろに溶けたガラスを適量巻き取ります

形を整える

鉄リンでガラスを冷ましながら形を整えます。

息を吹き込む

ガラスが軟らかいうちに、吹き竿から息を吹き込んで膨らませます。

くくる

グラスの口になる部分を切り離すために、くくります。

ひび割れ模様

ガラスが熱いうちに、グラスの底を水につけ、ひび割れ模様を入れます。

ポンテ

ポンテをグラスの底になる部分の中心につけます。

切り離す

吹き竿と、たる型グラスの口とを切り離します。

焼き戻す

さめて硬くなっているので、焼戻し窯で柔らかくします。

口を広げる

ハシを使って、口を広げます。

切り離す

ポンテとグラスの底の部分を切り離します。

焼いて滑らかにする

ポンテを切り離したあとを、バーナーで滑らかにします。

徐令炉に入れる

出来上がった、たる型グラスを除冷炉の中に入れて、ゆっくり冷まします。

泡たる型グラス水色

タル型グラスの出来上がりです。